私達がおすすめしているダイビングスポットをご紹介します。

理想的なダイビングスポットというと、まず海外のビーチを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は国内にも驚くほどの透明度を誇る海はたくさんあります。
全国各地にあるおすすめダイビングスポットを選りすぐってグランブルーダイバーズのおすすめスポットをご紹介していきます。
透明度の高さや一緒に泳げる魚の種類など、それぞれの特色もあわせてピックアップしていきますので、ぜひ次回のダイビングの参考にしてみてください。


詳しく知りたい方はグランブルーダイバーズまでお問い合わせください。

-天然記念物- 天窓洞

天窓洞は昭和10年、天然記念物に指定されました。凝灰岩でできている海触洞くつです。
入口が東口、南口、西口と3つあり、特に南口から入る洞くつは巾も広く長さは147m にも達し、中央は天井が丸く抜け落ちて天窓をなし、洞くつ内に光が射しこんでます。季節・時間・天候により水の色が様々に変化し、何度見ても感動します。

浮島ビーチ

浮島ビーチは、湾に囲まれた静かなエリアです。湾内中央は美しい白砂の砂地、両脇は水中アーチやトンネルなど複雑な地形を持つ岩場になっています。水深は比較的浅く、ひとたびコースを変えればドラマチックに環境が変化する箱庭的スポットです。

浮島根

堂ヶ島の中で一番沖に位置し、ダイナミックな地形が特徴で魚影の濃いポイントです。
大きな根を取り囲むキンギョハナダイの群れは圧巻です。カメラ派ダイバーにも大人気のスポットです。
5月〜6月にかけてマンボウの遭遇率が上がります。
9月〜11月にかけてはブリなどの回遊魚も回ってきます。
ウミウシ等のマクロ系の生物も多数見られるのも魅力的で、マクロ派にも人気のポイントです。

カマガ根

カマガ根は周囲200mに及ぶ巨大な根です。
堂ヶ島のダイナミックな地形を堪能しながら、ウミウシなどのマクロ生物も楽しめるとても魅力的なポイントです。
ウミウシは年間200種以上観察できるのでフォトダイバーにも大変人気です。 ボートでの移動時間は 5~7分で、潜降用のロープが設置されています。
比較的流れのないポイントなのでのんびりしたダイビングを楽しめます。
水深30メートルから水面まで立ち上がる周囲200メートルもの巨大な根の周囲を潜ります。東側の岩場には太いクレバスが走り、亀裂や穴が多いため甲殻類の宝庫です。沖側には白い砂地が広がりそれぞれの環境で楽しめます。南側はソフトコーラルが鮮やかなエリアであり、西側は夏から秋の回遊魚が見所です。

  • おすすめ度:★★★★★
  • LOCATION:静岡県

牛着岩

うしつきいわ・ぎゅうちゃくいわ・うすづきいわなど、読み方はさまざまです。
雲見の代名詞とも言われるポイントで、一つのポイントとしてのエリアは広く、岩の周りの数カ所からエントリーできるようになっています。起伏の激しい複雑な地形は、組み合わせ次第でさまざまなコース取りが可能です。一度に洞窟、砂地、魚の群れ、ウミウシなどのマクロと、全部楽しむこともできます。「アウトサイド」と呼ばれるエリアでは、真っ白な砂地で浮遊感を味わうこともできます。

沖の根

港からボートで10分程度の場所にあり、船一隻貸切っての雲見が誇る外洋ポイントです。時に強く流れ、水深も深いため、中性浮力のスキルが必要な上級者向けのポイントです。プランクトンを求めてキビナゴやス ズメダイが大きな群れをなし、さらにそれを追ってヒラマサ、カンパチ、ワラサなども集まり、海の中で は壮絶なバトルが繰り広げられることもあります。特に強流時の魚影の濃さは他の外洋ポイントと引けを取らないポイントです。大型のウシエイ、クエなどは普通に見られ、トビエイの大群やウミガメが姿を見せることもあります。

三競

牛着岩に負けず劣らずの地形が楽しめるポイントです。最大水深は-12mと浅いのですが、高低差が激しく侮れない場所です。もっとも北にある1番の洞窟から南に向かって5つの洞窟があります。「3の穴」のエアドームはとても圧巻です。ここは縦長の洞窟で、奥へ入って行くと徐々に浅くなっており、最終的には洞窟の中で浮上することができる。天井の穴からは光が差し込み、なんとも神秘的な光景が楽しめます。ダイバーがやっと通り抜けられる垂直のクレバスを通り抜けたり、縦横につながるケーブに侵入したりと、アドベンチャー気分満載で楽しめるポイントです。

  • おすすめ度:★★★★★
  • LOCATION:静岡県

番神ビーチ

初心者から中級者まで目的に合わせてダイビングができ、季節ごとに雰囲気の変わる魅力的なポイントです。
海の中は波打ち際からゆるやかに深くなっていきます。透明度の良い日は南の島に負けないくらいの青さです。潜れば潜るほど視野が広がり、楽しみの幅も広がります。
楽しみ方は十人十色で、写真を撮るのもよし!生き物を見つけるのもよし!とにかく水の中でゆっくりするのもよし!などなど、自分らしいダイビングを思う存分に楽しむことができる場所です。

  • おすすめ度:★★★★★
  • LOCATION:新潟県

ヒルトゥガン島

保護区(サンクチュアリ)です。サンゴ、魚影いうことなしのポイントです。安全停止時には餌付けでパンを出すと、たくさんの魚が集まってきて、まるで水族館の中にいるようです。

タンブリ

水深25mに小さな飛行機が沈んでおり、そこで餌付けを楽しめます。中に入ることもできます。

カビラオ島

大物が狙いならカビラオ島がおすすめです。サンゴ礁も見事で、マクロも見逃すことができないスポットです。

モアルボアル

カメを見たい方におすすめのスポットです。高確率でカメに出会うことができます。 また、ペスカドール島のサンゴ礁は、セブ周辺では一番と言っても過言ではありません。真っ暗になるくらいのイワシの群れやそれを追いかけてくる回遊魚は必見です。

  • おすすめ度:★★★★★
  • LOCATION:フィリピン